合掌街道 gassho-kaido 白川郷・五箇山

世界遺産合掌造り集落 祈り継がれるいにしえの里

観光情報 Sightseeing

のうじくみあいほうじん ごかやまわし

農事組合法人 五箇山和紙

一覧へ戻る>

体験する(体験施設)

職人の手のぬくもりを感じながら
あなたも和紙を漉いてみませんか?

古民家(合掌造り)を改装した白壁の家が、和紙工房です。国道156号線と304号線に挟まれる形で立っています。東海北陸自動車道五箇山ICを世界遺産相倉合掌集落方面へ下梨の交差点を左折して下さい。約200m左側に工房と直売店があります。和紙工房では、和紙漉き体験が、1枚500円で出来ます。400年以上の伝統ある五箇山和紙は、江戸時代加賀藩の手厚い保護を受けながら発展し良質の和紙の雇地として今日に至っています。

住所
富山県南砺市下梨148 エリアMAPはこちら
TEL
0763-66-2016
FAX
0763-66-2016
アクセス
JR城端線下車、加越能バス五箇山行下梨下車
営業時間
8:30〜17:00
定休日
5月〜11月 毎週火曜日/12月〜4月 日曜・祝日
入館料
無料
駐車場
有/10台

ページの上へ▲

お店のみどころ

店内には、色とりどりのかわいい和紙の小物や、素朴で優しい風合いが懐かしくなる和紙グッズがいっぱい。思わず楽しくなります。階段を降りるとそこは、和紙工房。ざぶん ざぶん ぱしゃん ぱしゃん 簀桁の中で水が遊び、楮が踊る。職人の手のぬくもりを感じながら、その白い水しぶきは、繊細な和紙に生まれかわります。職人の手ほどきを受けながらあなたも和紙を漉いてみませんか?

こだわりのおすすめ商品

紙塑民芸品 730円〜
和紙の原料を粘土状にし形成したのが紙塑民芸品。十二支を始め、お雛様や五月人形、作品が出来上がるまで約一週間。あたたかな和紙の風合いと素朴さが魅力で、心がなごむ一品です。

店主からひとこと

仏タイヤ大手のミシュランが3月旅行案内の伝統シリーズ「ギド・ベール(緑のガイド)」日本編を初めて発行します。全国200ヵ所が対象となり最高に優れた観光地には、三つ星がつけられます。なんと五箇山は最高の三つ星。実は、覆面調査員は、ここ五箇山和紙にも来店していたのだから驚き。最近欧米からのお客様が増えているのも和紙(ものづくり)の魅力からでしょうか?

ページの上へ▲

TOP世界遺産合掌造り集落とは観光情報歳時記伝統・特産散策マップ交通情報特集企画運営委員